七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ 未分類

1,2月はトライアルレッスン

まぁくんとママ_01


教室では、トライアルレッスンが始まっています!


トライアルレッスンは、月謝(12,960円)+1,080円で、通常レッスンを4回、受けられるというものです。

入室金も教室維持費もいりません。

1月、2月と月をまたいでの受講も可能なので、今からでもまだまだ間に合います。


七田のレッスンがお子様に合っているか試されたい方は、この機会がチャンスです。


***********************************

1,2月はトライアルレッスン
3,4,5月は入室金無料
                   
P7-0111.jpg

新年度に向け、メガホン募集中!


月謝(12,960円)+教材費で、通常レッスンを4回、受けられます。
1月、2月と月をまたいでの受講も可能。
七田のレッスンがお子様に合っているか試されたい方は、この機会がチャンスです。

まずは、無料体験レッスンと説明会にご参加ください。
かほく教室の情報や日程など詳しくはこちら

体験レッスンのお申し込みはこちらから

子育てが楽しくなる七田のレッスンをどうぞ



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

どんなおもちゃがいいですか?(2)

前回どんなおもちゃがいいですか?で「おもちゃはあまりいらないです」と言いましたが、おもちゃは、赤ちゃんの「体・心・頭」を育ててくれるものなので、今日はおもちゃの与え方をお話ししたいと思います。

1.可塑性のあるもの
  電池で動く犬のおもちゃのような、1つの遊びしかできないものより、様々遊び方があるおもちゃをおすすめしています。
例えば積み木とか、ボールなどです。P7-0279.jpgIMG_0301.jpg

我が家は女の子でしたが、ままごとセットも赤ちゃん人形もありませんでした。娘は、積み木でテーブルと椅子を作り、そこにぬいぐるみを並べ、積み木の机の上には、折り紙のおさらに積み木のおかず。楽しそうにごっこ遊びをしていました。

もちろんそのような使い方だけでなく、積んだり崩したりする中で、立体の認知能力を高めます。この感覚は、小さい頃遊んだかどうかが、後々大きな違いになるので、積み木やブロックなどはおすすめです。

ボールも小さい頃から遊べるおもちゃだと思います。転がす、投げる、蹴る、受け取る。体の使い方や、目と体の協応運動の発達に役立ちます。また空のペットボトルを並べて、ボールで当てればボーリングにもなるし、的当てなど、遊び方は様々です。


2.感覚を育てる
0歳からは、視覚と聴覚がめざましく発達する時期なので、良いものを見たり、聞いたりするといいでしょう。だからこの時期におすすめなのは、絵本や図鑑、童謡や音楽、楽器など。

また、おもちゃじゃないとダメと思わず、身の回りのものをおもちゃにしましょう。ティッシュや広告などいろんな材質のもをくしゃくしゃとしたり、破ってみたり。空のペットボトルにビーズを入れてシャカシャカ鳴らしてみたり。工夫次第で、おもちゃになります。


最後に、おもちゃを与えるときの注意としては、

1.一度にたくさん与えない
 
あまり多くを与えすぎることは、一つのことに集中しない、移り気な落ち着きのない子に育てることになるからです。

2.お母さんが遊びに加わる

おもちゃを与えっぱなしで勝手に遊びなさいでは、赤ちゃんの知恵はうまく伸びていきません。一緒に遊んで、一緒に喜んだり、楽しんだり、共感してもらってこそこそ子どもは嬉しいのです。その時言葉がけをしてあげましょう。いっぱいお話をしながら、遊べば赤ちゃんはぐんぐん賢くなります。


楽しくおもちゃで遊んでくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました


プラスの言葉がけの力

小学生コースStep.2で「波動を使ってカイワレ大根を育てよう」という取り組みをしました。

私たちの心の使い方、言葉がけの波動で、植物にどのような変化が出るか観察しました。


カイワレ大根の種を見つけることができなかったので、我が家にあったほうれん草の種で実験。


3日目ですでに変化が・・

IMG_0060_00001.jpg

「元気に育ってね」「ありがとう」と声かけした種からは、根が出始めました。




そして一週間後

IMG_0061_00001.jpg

言葉をかけた方が、断然 成長が良いことがわかります。


良い言葉、良い波動は、植物をよりよく成長させます。

これは子どもに対しても同じですね。
良い言葉がけ、良い波動が、子どもをよりよく成長させてくれます。




最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

今日から6月

IMG_0059_00001.jpg




今日から 6月

教室の玄関も、6月の掲示に変わりました。

教室に来た子どもたちも、今日から夏服に替わっていました


今日の石川県は、晴れているけど、風が涼しくとても過ごしやすいです。

教室のあと、公園に遊びに行かれた親子もおられました。

外遊びに適した時期です。 

いっぱい遊んでくださいね。



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました


教育の経済学

『夢っこclub 特別増刊号』として、昨年10月に発刊された『週刊 東洋経済』の『「教育」の経済学』の一部抜粋したものが、できました。

 これらの内容は、一昨年に行った保護者勉強会で紹介させていただいたものです。
実は、かほく教室の勉強会は最新情報が盛り込まれているものなのですよ。なので、ぜひぜひご参加を。

さて、紹介されているヘックマンの研究から、就学前教育の大切さは、世界的に知られ、ユニセフでも途上国の教育に就学前教育を取り入れています。


幼児教育の効果

 
ここで大切なのは、①就学前教育がIQを継続的に高めることはなかったという事実。②就学前教育により非認知スキルが高められ、それがその後の人生に大きな影響をあたえていたという点です。


 非認知スキルとは、「意志のコントロール」「やり抜く力」「ポジティブな思考」などです。


 実はこれらの心の大切さが脳科学からも大切であることがわかりました。それも日本発信です。


脳外科医 林成之先生は、北島康介選手を金メダルに導いた「勝負脳」などで有名な先生です。
その先生も、「勉強ができるかできないかは、心にある」といわれています。

「まあいいか」「だいたいできた」「あとで」「言われたことしかしない」「できない・無理」このような心癖が勉強をできなくしてしまう。そこで、4~7歳で自己管理力を8~11歳で自主性をつけることを提案されている。


それも、子ども自身に、どうすればいいかを伝え、指導者(親・教師)ともに、成長していくことを勧められています。

かほく教室では、今年、ここに取り組んでいこうと思いますので、詳しくは、教室だより、保護者勉強会でお伝えしていきます。


(教室だより 2月号より)



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました
プロフィール

七田チャイルドアカデミー かほく教室

Author:七田チャイルドアカデミー かほく教室
石川県かほく市にある幼児教室です。
子どもはみんな天才です。
心を育て、子どもの可能性の扉を開いていきましょう♪


● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

☆ おしらせ ☆
 入室キャンペーン中♪                     
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR