親として伝えたいこと~何のために勉強しているの?~

河内つれづれ話
12 /27 2010
前回の続きです。

主人も私と同じ事を考えていたようです。

娘に「なんのために勉強しているんだ?」ときいていました。

娘は、「勉強がわかると嬉しいし、いい点とれたら嬉しい。
かけっこで1番になれたら、嬉しいみたいに、学年で1番になれて嬉しい」
と素直に話していました。

主人に、「自慢がしたいの?自慢するために勉強しているの?」といわれて、
娘にとってはショックだったようです。
そんなこと考えたことなかったからでしょう。

「誰かより、できたから嬉しい。そんなために勉強しているの?
お父さんは、今、力をつけて、その力を、世のため、人のために使ってほしい。
人の役に立てなければ、ただ自己満足の力なんじゃない?」と娘に話していました。

娘に、私の思い、主人の思いが通じたかわかりませんが、繰り返し伝えていきたいと思います。

娘は、これから高校、大学と進路を考えていきます。そのとき、世の中を良くするため、人々が幸せに暮らせるために、自分の力をつけていこう、っておもってくれたらいいな、と思っています。


実は、私は、中高生の頃、「まだ自分は、自分の人生を歩んでいない」と感じていました。

自分の人生は、社会に出て、人の役に立てるときから、と思っていて、
学生時代は、「自分の人生を歩むために、力をつけるとき」と思っていました。
別に、誰かにいわれたわけではなかったけど、私の魂がそう感じていたのかもしれません。

今は、誰かが少しでも喜んでくれたら。子どもたちの幸せに、ほんの少しだけでも、
関われたら、それだけで嬉しいな、と思って仕事をしてます。


娘にも、自分の力を人の幸せのために使っていってほしいな、と思っています。



☆。.:*:....:*: 今日の魂を磨く言葉 .:*:....:*:'゜


得意な分野で自分らしさをそだて、自分の才能をフルに発揮して、人に喜ばれる生き方をしましょう



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました



七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。