スウェーデンの子育てに学ぶ(2)

心の子育て
10 /29 2011
NHKの「あさイチ」では、スウェーデンの子育ての様子も取材していました。

それをちょっと紹介しますと。。

保育園でトラブルがあり、機嫌の悪いお姉ちゃん。

妹とお父さんが遊んでいる、そばにすわり、
「人形遊びがしたいが、あの服がないから遊べない、いっしょに探して」
と少々ぐずぐずである。

お父さんが遊びを続けていると他の服もいると、要求がエスカレートしてくる。

お父さんは、「じゃあ一緒に探そう」と一緒に探してあげる。

30分以上かけ、捜し物が見つかり、お姉ちゃんは満足して、一人で人形遊びを始める。

一見、子どものわがままにお父さんがつきあったように見えますが、

お父さんの行動の意図は、
一つは子どもが自分の要求を口に出せること。
二つは、いつまでもすわってぐずぐずと言い続けるのではなく、
次の行動に移れること。

どちらも成功しましたね。

親が根気よく子どもにつきあうことで、
子どもは大切にされていると感じ、保育園での悲しい心が癒えて、
満足して、次の行動ができるようになった。

次は、妹。

食事中に歯が痛くなり、ご飯を食べなくなり、泣き続けている。
お母さんがそばに行き、慰め、気持ちを違うところに移そうといろいろ声をかける。

「お母さんの膝に座れば、よくなる?」などと声をかけながら、
「もう痛くないわね」のお母さんの一言で妹は泣きやみ、食事をはじめた。

泣きやむまで、30分、お母さんは根気よくつきあう。


ここでのお母さんの意図は、自分で心を切り替え、落ちつくこと。


私は、これらスウェーデンの親の子育てから、学べることがたくさんあると思いました。
そして、それが自立した子どもを育てるのに大事なことだと思いました。


それは次回まとめたいと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。