集中思考と拡散思考

未分類
11 /16 2012
思考には2種類あります。

集中思考拡散思考です。


わかりやすいのは・・

3+5=□  これは集中思考

□+□=8  これは拡散思考


拡散思考は、答えがたくさんあるのです。


どうしても私たち親は、集中思考の問題を多くしがちで、

正解かどうかを気にします。


しかし、アイデアや発想力、創造力には拡散思考が大事ですね。

だから、拡散思考のトレーニングもされることをおすすめします。


特に4歳以降は思考トレーニングが最適なので、

拡散トレーニングとなる、「しりとり」とか「魚鳥目、申すか、申すか」

などの遊びをするのもいいでしょう。


七田の小学生コースには、この拡散思考のトレーニングもあります。




子どもたちの様子を見ていると・・

短い時間でたくさん書くためには、ボキャブラリーや知識の差もでてきます。


また、いい子で、まじめな子が書けなかったりします。


そういう子を見ると、

お母さんや先生の指示通りに動いて、あまり自分では考えていないのかな、

それとも、正しい答えが気になり、自分の考えを出せないのかな、

と少々心配になります。


日頃から、様々なものに興味を持って、子どもと一緒に見聞きすることの大切さと

子どもの考えを聞くことの大切さを感じる取り組みです。



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。