七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ 2013年03月

新生活への不安がでる時期です。

3月も半ば、卒園、卒業などの時期になりました。そして、4月から新生活を送られるお子さんも多いと思います。

今の時期、教室にも、ちょっとした子どもの不安のサインを感じることが増えてます。たとえば、瞬きの回数が増える、ちょっとしたことにぐずぐずを言う、など。

目をぱちぱちとするのは、子どものサインです。
そんなしぐさが見られたら、子どもの様子を注意してみてあげてほしいと思います。
決して、「なんでそんなことするの?」とか「そんなことしないの!」なんていわないでください。子どもたちは無意識でしていることです。それを意識させると、余計にするようになって、残ってしまうことがあるので、そこには触れないことです。
知らん顔して、様子を見ます。

それらの行動は、言葉では伝えられない子どもたちが、身体で伝えているのです。
だから、何を伝えようとしているのか、それをくみ取るようにしましょう。

新生活の不安だとしたら、それを取り除いてあげましょう。
この時期になると、「そんなことしていたら、小学校に(幼稚園に)、いけないよ」、「小学校(幼稚園)に行ったら、自分でできなくちゃダメなんだよ」と大人たちは言いがちです。

大人たちは、小学校(幼稚園)生活が、どんなものか知って話していますが、子どもたちにとっては未知の世界。「できなきゃだめなんだ」と不安ばかりがふくれあがってきます。

それでなくても、新生活、新しい場所は、不安なものなのに、お母さんたちから、不安にさせることをさらに言われると、子どもたちはとても不安になってきます。

また、新生活にお母さんも不安に思っていたら、その不安もお子さんに伝わります。
だから、この時期は、不安にさせないようにすることが大切です。

新生活で子どもが困らないように、という親心からいろいろ言ってしまいがちですが、そこはグッとこらえて、言わないようにしましょう。

こどももには、新生活の楽しいことを話してあげるとよいと思います。
「小学校には、広い体育館があるよ。いっぱい走ったり、ボールで遊んだりできるよ」とか、「友達がたくさんできるよ。なにしてあそうぼうかな~」とか

子どもが好きなことが思いっきりできる場所だと言うことを伝えてあげましょう。そして、不安を少しでもなくせるように、8秒間抱きしめを毎日したり、「○○ができるようになったね。すごいね」と認めてあげる機会を増やしましょう。

お母さんたちも、不安だと思いますが、そこは大人ですから、グッとおさえて、子どもには感じさせないようにしましょう。

もし新生活で困ったら、そのとき対応すればいい、ぐらいの気持ちでどっしり構えてほしいと思います。

その上で、身につけておく方がいいこと、たとえば着替えや自分で準備をするなど、負担にならない程度に、日々の中で、練習させましょう。
「自分でしなさい!」と口で言うのではなく、「脱いだら、こうやってたたむよ。一緒にやってみよう。」とか、着替えが遅い子なら、「競争だよ」と、遊びを通して、早くできる練習をしたりしてみましょう。
そして少しでもできたら、しっかり褒めましょう。

不安にさせるより、褒めて褒めて、自信をつけさせて送り出してあげる方が、ずっと効果的です。親の大きな心で、新生活に送り出していただければと思います。

***********************************

横240px縦265px体験レッスン受付中

新年度生募集


心と脳を育てる七田式のレッスンを体験してみませんか?

かほく教室では一人一人との出会いを大切にしたいと考え、
一組ずつの体験をしています!!

詳しくは、七田チャイルドアカデミーのホームページを確認ください。

かほく教室の動画は、こちらから


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました


プロフィール

七田チャイルドアカデミー かほく教室

Author:七田チャイルドアカデミー かほく教室
石川県かほく市にある幼児教室です。
子どもはみんな天才です。
心を育て、子どもの可能性の扉を開いていきましょう♪


● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

☆ おしらせ ☆
 入室キャンペーン中♪                     
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR