生活力をアップ!!~体験のすすめ~

賢い子に育てる
12 /14 2010
私は、"子どもたちの学習は、生活の中で!!"と思っています。

もちろん、それは、知識についてもそうです。

机の上の勉強だけでは、本当の力は身につかないと思っているので、”生活の中で、自然と学べることが一番だ”と思っています。


でも、知識だけじゃないんです。

”自分の体の使い方”や、”ものの扱い方”なんかも、生活の中で身につけるものだと思うんですね。



この前、教室で、小学校2,3年生の子に、「2本のひもを結んで、つないでね。」ってひもを結ばせました。

すると、さっとできる子と、「どうやったらいいかわからん」「結べん」っていう子がいました。

これは毎年のことで、5人中できない子が1、2人出てきます。


さらに、多くの子ができないもののが風船。

風船をふくらませられても、口を結べないんですよね。

中には、ぜんぜん風船をふくらませられない子さえいます。


これが生活体験の差だと思うんですね。


確かに、ひもを結ぶことって、子どもの生活の中で減っていますよね。

靴はマジックテープだし、お弁当を包むのも巾着だし・・。

子どもたちができないから、しなくていいように便利になっているため、さらにできなくなっています


そうなんです。今は便利になってきているので、子どもたちの力が育ちにくくなっているんです。。

だからこそ、親が意識して、様々な体験をさせてあげることが大事!!だと思うんです。


このお話は次回に続きます。。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。