遊びながら楽しく学んじゃおう~トランプ・すごろく編~

賢い子に育てる
12 /18 2010
前回は、文字が読めるようになった子と、カルタで遊んだことについてお話ししました。

同じように数字が読めるようになってきたので、トランプを始めました。
読めるようになったものを活用させる機会をつくってあげたいと思いまして・・。

はじめはババ抜きから。同じものをペアにして出すことを教えました。
そうすると、「これとこれはいっしょ」という「仲間分け」の学習もできるわけです。
ゲーム性もあり、「ジョーカー」をとったときには、「きゃーきゃー」大騒ぎでした。

最後の2枚になったら、ESPですよね。
「ババじゃないのどっち?」と聞いて遊びました。
さすが2歳児、みごとにババを残してくれ、私の負けです。

あと、七並べもよくやりましたね。
七並べは、かずのならびがわかるようになるし、
「一つ前、一つ後ろのかずは?」、と、+1,-1がわかるようになり、
とても学習に適していると思います。

はじめは難しいですが、大人がついてあげれば、十分にできるようになります。

もう一つ「神経衰弱」もいいですね。
記憶のトレーニングになります。これも娘にはよく負けた経験があります。
子どもはよく覚えているもんです。


トランプだけじゃなく「すごろく」もかずの勉強になりますよ。
すごろくは、次のようなかずの基礎的な感覚が、遊びながら身に付くと思います。

・サイコロの出た目が一目でわかるようになる(かずの一目把握)
・サイコロの数だけ進む(数の把握・量感の把握)
・進んだコマの指示に従う(文章把握・指示に従って考える)
・進む・戻る(”数直線上でのプラス・マイナス”といった基本的感覚)


お正月に、このような、昔からあるゲームを家族で楽しむのはいかがでしょう。


ここまで話したような、学習のことなんて考えずに、純粋に楽しんでください。
楽しんで遊んでいるだけで、そのような力がつくと思います。

またそれだけじゃなく、「コミュニケーション能力」や「ルールを守る」といった「社会性」も、自然とついていきます。


ぜひ、子どもたちと、楽しいひとときを過ごしてください。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメント

非公開コメント

七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。