政治は、国民そのものの反映!? Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

人間学
12 /22 2011
最近、七田眞先生の著書「七田眞の人間学 いかに生きるか」を読み直しています。
そこで、今日はその中から、印象に残ったところをご紹介したいと思います。

イギリスのサミュエル・スマイルズの「自助論」を紹介されている部分です。


ところで、政治というものは、国民そのものの反映にすぎないということができる。

すなわち、どんなに政治がよく行われているように見えたとしても、
国民のレベルがそうでなければ、政治のレベルもすぐにそのレベルまで引き下がってくる。

逆に、国民のレベルが実際の政治よりも上をいっていれば、
政治のレベルも必ずそのレベルまで引き上げられていく。

つまり、国民全体の質がその国の政治や法律を決定していくようになる。
これは水が高いところから低いところへ流れるように当たり前のことなのだ



国民がしっかりしていれば、政治もしっかりしていく。
国民が無知で堕落していれば、政治もひどいものとなる。

結局、国家の評価も国家の力も、その国の制度によるものではなく、
その国民の質とレベルで決まることになるのだ。

なぜなら、国家とは、個人の集合にすぎず、
その国の文明とは、社会の構成員である男や女、そして子供も、
一人ひとりの性質よって作られているからなのである。

国の発展は、国民一人ひとりの勤勉さ、元気さ、誠実さによって決まるといってよい。
反対に、一人ひとりが怠け者であり、わがままであり、不道徳であれば、
国は衰退していくのである。



いかがでしょう。
私はこれを読んで、「今の政治をあれこれいっていたけど、
国民である、私たち、一人ひとりの姿なのか」と愕然。

やはり、一人ひとりが人として、人格を磨き、魂を磨くことが、
日本をよくしていくことにつながるのだな、と思いました。

私たち大人も、人間学を学び、よりよい人になれるよう努力していけたらいいな、と思いました


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメント

非公開コメント

七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。