七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ 子どもがもらってきた「放射能等に関する副読本」

子どもがもらってきた「放射能等に関する副読本」

娘が中学校で、文部科学省からの『放射能等に関する副読本』をもらってきました。
この副読本について、私がいつも環境や永続可能な生き方について学んでいる「地球村」の高木善之さんのメルマガに次のような文章がありました。


『いま、文部省から「放射線等に関する副読本」として
教育委員会を通して、小中高校の児童や生徒に
配布されている本があります。
内容はびっくり!
「放射能はこわくない」で始まる原子力推進の本です。

これはまずいと思っていると、いい本が見つかりました。
福島大学の放射線副読本研究会作成の副読本です。
こちらは「原発推進」でもなく「原発反対」でもなく、
福島大学の教員グループが出したもので、
わかりやすく内容は正確です。
ぜひ、読んでください。
そして、この情報を拡散してください。
http://bit.ly/JeyOpt


まだ政府は、「安全神話」を
子どもに植え付けようとしているのかと思うと
こわいですね


福島大学の副読本で、大切だと思ったのは、

『教育で育むべきは「判断力」であって,
一つの見方を刷り込んでいく「洗脳」ではないはずです。

まだまだ、判断のできない子どもたちに、
偏った情報を与えるのは違うんじゃないかと思います。
私たちは,判断力や批判力を育んでいけるような
機会を実現していくことが求められます。』

『いわゆる「原子力の安全神話」は,
原発推進側に偏った教育・広報によってつくられてきました。

二度と同じ過ちを繰り返さないためにも,
教育や広報における公平性を追求するとともに,
一人ひとりが判断力や批判力を育むことが大切です。』

ということ。


政府やメディアの情報に惑わされるのではなく、多くの情報から
私たち一人一人が、判断力や批判力を持つことが大事なんですね。


さいごに、高木善之さんのメルマガから、素敵なことばがあったので紹介します。

『優しい言葉、明るい言葉、励ましの言葉、勇気をもらう言葉、
かけてもらったらうれしいね。さあ、あなたも言葉の花束を贈ろう』


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

七田チャイルドアカデミー かほく教室

Author:七田チャイルドアカデミー かほく教室
石川県かほく市にある幼児教室です。
子どもはみんな天才です。
心を育て、子どもの可能性の扉を開いていきましょう♪


● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

☆ おしらせ ☆
 入室キャンペーン中♪                     
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR