んん!?母校がない!!

河内つれづれ話
05 /03 2012
娘が中3になり、高校入試が気になるこのごろ。


私の頃、京都の入試は、他府県とは、公立高校の入試が異なっていた。

”希望の高校”に受験するのではなく、”公立高校”に受験するのだ。


”制服によって差別されない”という理由らしく

”学校間の格差”をなくし、人数調整により、近くの高校に振り分けられる。

小学校や中学校のように。。。(;-_-) =3 フゥ


だから、学校のレベルは平均的。

できる子は、私立に行く感じでした。


”できる子はお金がかかる学校に行かなくてはいけない”って変ですよね。

そこで、私たちの年から、

Ⅰ類:普通科
Ⅱ類:特進
Ⅲ類:運動・芸術

というのができました。

そしてⅡ類に入ったのですが、

「受験する人は、ここからは自分で勉強してください」

と先生にいわれるような状態でした ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


あれから、30年近く、今も高校入試制度は変わっていないのかと

調べてみたら、各校の偏差値がのっている。

”ああ、変わったんだ~”と眺めていたら。。。。

ん、んん!?母校の名前がな~い!!


あわてて母校 ”西宇治高校”で検索したら、

統廃合されて無くなっていましたΣ( ̄Д ̄;)がーんっ!

平成21年に城南菱創高等学校という単位制高校に再編されたそうな 

Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!


ちなみに、入試制度は、ちょっとずつ変わってきているようで。。。。

地区によっては学校を受ける形態になっているようだが、

まだ、公立を受けて、希望などをふまえて振り分けているようだ。

当時より、学校間に特色も出てきているようで

受験生は希望をかけるようになり、その希望枠がふえているようです。

そして、”Ⅱ類”は無くなってきているようでした。。。



でも、これが当たり前のように思う。。

義務教育でもないのに、”自分で学校を選択できない”のはどうなのだろう。。。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました








コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。