やらせきる ヽ(`ー´)ゝ

賢い子に育てる
06 /20 2012
計算や文字書きには、反復練習が、やはり必要です。

うまく文字が書けなくても、見本を見ながら書いてみないと

すらすら書けるようにはなりません。


たしざんも、繰り返し練習すると、すらすら計算できるようになります。


簡単な文字や計算なら、結構がんばってきた子どもたち

でも、かずが大きくなったり、画数が増えてくると

いや~な雰囲気が漂います llllll(-_-;)llllllドヨーン


そんなとき、親がかわいそうだと思って迷うと

泣いたり、いやがってやろうとしなくなったりします。

イヤ(T△T 三 T△T)イヤ

逃げ道を見つけると、誰でも逃げたくなりますよね。


だから私は、迷わず、どっしりと構え、<( ̄へ ̄)>ヤルヨ

子どもたちに最後までやりきらせます。

(逃げ道をなくしてしまうんですね)



このやらせきることが大事だと思うのです。


できるだけ、温かく励まして、背中を押してがんばらせていますが、

イヤだから逃げようと、まったくやろうとさえしないときは

子どもが問題に立ち向かっていけるように、

逃げ道をなくし、やらせてきっていきます。

(このとき量は減らしても良いが、やると決めたところまでは、最後までやる)


そして、やりきった後には、しっかりほめ、がんばったことを認めてます。

子どもが達成感を感じられることが大事だと思うので。。。



やらなくちゃならないなら、

迷わせずに、がんばらせる方がよいと思いませんか。

(だから、親は迷わないでいただきたい)



「イヤだけどがんばる!」

この経験が、心を強くし、へこたれずに努力する力になっていくと

ここぞ!というときには、心を鬼にして、がんばらせています。

(TT▽TT)心ジャ泣イテイルケドネ



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました










コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【やらせきる ヽ(`ー´)ゝ 】

計算や文字書きには、反復練習が、やはり必要です。うまく文字が書けなくても、見本を見ながら書いてみないとすらすら書けるようにはなりません。たしざんも、繰り返し練習すると、すらすら計算できるようになります。簡単な文字や計算なら、結構がんばってきた子どもたち...

七田チャイルドアカデミー かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。



● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

かほく教室は3月より
「七田式 かほく教室」
になります。