七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ 子どもの攻撃的な言動にはどのように対処する?

子どもの攻撃的な言動にはどのように対処する?

子どもが悪い言葉や行動を使ったとき、どうする?についてです。

テレビ、「ほんまでっかTV 」でおなじみの脳科学者、澤口俊之さんの『やる気脳を育てる』という本から紹介したいと思います。

澤口さんは、「言葉の暴力は、でてきたときに、きちんと叱っておかなくてはならない」と言われています。



小さな頃子どもは「バーカ」など悪い言葉を楽しんで使う時期がありますが、そのときにふざけているだけだからと許していると、後々攻撃的な子どもになることが証明されているのだそうです。特に、他の子どもに対する攻撃的な言葉は、身体的な攻撃と同じ意味を持つので、注意が必要です。



こんな実験があります。

2歳から4歳の幼児を2グループに分けて、異なった監督の仕方をします。

Aグループ:子どもの攻撃的な言動「なぜそんなことをしたの?」などと愛情深く接する
Bグループ:子どもの攻撃的な言動有無を言わさず即座に「懲罰ボックス」に幼児を閉じ込めてしまう

どちらのグループの幼児がよくなったか。

この実験をした研究者たちは、愛情深く諭すAグループの方がよくなるだろう、と実験当初は予測していたのですが、結果は逆でした。

Bグループの幼児の方が、その後の攻撃的言動はほとんどゼロで、遊ぶときは3人以上で仲良く遊びました。

Aグループの幼児的は、攻撃的言動が目立ち、遊ぶときも一人か二人でした。


実は、叱られるなどのネガティブな体験は、ノリアドレナリン系を活性化させて、
「してはいけない」と、記憶され、すぐに脳に定着するのだそうです。

だからBグループでは、攻撃的な言動がゼロに成り、仲良く遊べたんですね。


このことからも、「子どものやりたいようにさせる」とか「子どもを叱らない、優しく諭す方が良い」というのは、子どもの社会性を育たせるには、良くない方法だとわかります。
ダメなことをしたときには、「ダメなことはダメ!」と毅然としつけなければならないということです。


また「適度なストレス」が脳の発達にはよいらしいことも最近わかってきました。

「しかられる」という適度なストレスをかけることによって、
子ども脳は育まれ、社会的理性も身についていくのです。

正しいしつけは2歳以上の子どもの社会関係力育成の基本的な方法だといえますね。

最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

七田チャイルドアカデミー かほく教室

Author:七田チャイルドアカデミー かほく教室
石川県かほく市にある幼児教室です。
子どもはみんな天才です。
心を育て、子どもの可能性の扉を開いていきましょう♪


● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

☆ おしらせ ☆
 入室キャンペーン中♪                     
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR