危険なほめ方

未分類
09 /14 2015

よく「子どもをほめて育てよ」と言われますね。
私たち、七田式教育でも「お子さんをほめて育てましょう」とお話ししています。

なのでお子様をほめられるご両親が多いのではないでしょうか。
そんなとき、結果や成績、子ども自身をほめていないですか?

そのほめ方で、その後の子どもの姿が変わるとしたら、
ほめると、努力しなくなって、成績が下がるとしたら・・

今日はそんなお話しです。


キャロル・S・デュエックは、『「やればできる」の研究』で
危険なほめ方として、次のような実験を紹介している。

思春期初期の子どもたち数百人を対象に、非言語式知能検査のかなり難しい問題を10題をやらせた。

その後二つのグループに分け、一方には能力をほめた(「まあ8問も正解よ。よくできたわ、頭がいいのね」)、もう一方のグループでは、その子の努力をほめた(「まあ8問も正解よ。よくできたわ。がんばったのね」)

グループ分けした時点では、両グループに成績の差は無かったが、ほめるという行為を行った直後から、両グループの間に差がで始めた。

ほめ方



能力をほめられると、「できる自分」を崩したくなくて、新しい問題にチャレンジしようとしなくなり、学習の機会を逃してしまった。
また難問で成績が落ちると、自信をすっかりなくし、やさしい問題になっても、下がった成績は回復せずに、スタート時点より成績は下がってしまった。

反対に、努力をほめられると、新しい問題に積極的に取り組み、難問で成績が落ちても「努力がたりないからだ」と思って「もっと頑張らなくちゃ」と努力し、スタート時点より、成績が上がった。

教室でもよく「子ども自身をほめない」「結果ではなく、その過程をほめる」とお話ししますが、科学的にも実証されていたんですね。

どうか、これを参考に子どもの努力を褒めてあげてください。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。