ほめ方によっては、ほめない方が伸びる!?

心の子育て
05 /07 2018
ほめ方によっては、ほめない方がいいってこともあるんです。
「え~」って感じですよね


こんな実験があります。

同じ能力の子どもたちを三つのグループに分けて、パズルを解かせます。


Aグループ 「こんなにたくさんパズルが解けるなんて、頭がいいね」と結果から子どもをほめます。

Bグループ  何も言いません。

Cグループ 「一生懸命努力していたね。難しいパズルもあきらめなかったね。」と過程をほめます


どんな結果になったと思いますか?

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_m.jpg


その後の成績は、上位から

Cグループ → Bグループ → Aグループ

となりました。


これは、結果でほめたAグループは、「いつでもよい成績をとらないとほめてもらえない」と思い、失敗をおそれるようになり、難しいものをさけるようになって、結果、何もほめなかったBよりも劣るようになったのです。

過程をほめられたCグループは前向きに取り組み、一番、成績が伸びました。


つまり、子どもを結果でほめてはいけないってことなんですね



 ☆★☆★ ほめ方のポイント ★☆★☆

1.結果ではなく、努力したその過程をほめる

2.子ども自身をほめず、その行為をほめる

3.具体的にほめる方がよい



例えば、お友達に優しくしてあげたときは、「優しくていい子だね」とほめるよりは、「困っていた○○ちゃんを助けてあげて、○○ちゃんも喜んでいたね。お母さんも嬉しかったな」とほめてあげる方が、その行為がどうしてよかったのか、わかりやすいですよね




現在CM実施中!
CMに合わせ入室無料キャンペーンを5月中のお申し込みまでに延長します。

詳しくはこちら→入室金無料キャンペーン



この機会にぜひ体験してみてください!


かほく教室ホームページ


********************************


七田式教室では、親子が成長する春を応援しています。

七田式教室について詳しくは、子供の才能を引き出す習い事をご覧ください。


無料




最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
  ありがとうございました

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。