覚醒剤よりも・・・

教室
02 /08 2016
先週の水曜日、Step.2(2年生クラス)で清原選手の覚醒剤のニュースが話題に…
子どもらしい素敵な発想に感動したので、ご紹介。



S:「覚醒剤って何?」

講師:覚醒剤の説明をする
   ・ 嫌な時や辛い時、打つと嫌なことを忘れられ、楽しい気持ちなれる。
   ・一度打つとやめられない。
   ・打ち続けると、脳も骨ボロボロになる。
                            などなど

S:「打つって、何を打つの?」

講師:「注射」

S:「えっ、お医者さんなん?」

講師:「違う」

Y:「じゃあ、病院で打ってもらったん?」

講師:「いやいや。
こっそり自分で打つんや」

SもYもおどろき!

講師:「悪いことやし、つらくても薬に頼らず、自分の力で乗り越えられる人になってね。 (話の締めにかかる)」

S:「楽しい気持ちって、笑顔になりたかったん?」

講師:「そうやね~」

S:「ほんなら、『えがおの黒酢』飲めばよかったのに



ホームラン!!(清原選手だけに・・)
すばらしい!素敵な発想だと思います。

そのほうが、健康的だよね。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました


コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。