どんなおもちゃがいいですか?

賢い子に育てる
08 /21 2016
0~2歳の保護者の方から、良くお受けする質問が

「この時期にどんなおもちゃをあたえるといいですか?」です。

そんなとき、私がいつもお答えするのが、

おもちゃはあまりいらないです。

私の子育ての経験から、いろんな種類のおもちゃは必ずしも必要ではないと思います。

5,6ヶ月の赤ちゃんなら、音の出る赤ちゃんが持ちやすいおもちゃや噛むおもちゃは、あればいいと思いますが、意外と赤ちゃん達は身の回りのものを好んで遊んだりします。

ポケットティッシュやおしりふきなどカシャカシャいうものが好きだったり、リモコンやお財布が好きだったり・・。

1歳くらいになると、とにかく何でも出し入れしたがります。引き出しや、お財布、カバンなど・・。
そんな子どもの姿を見て、「おもちゃって特別いらんねー」ってよく話していました(^∇^)。

じゃあ、赤ちゃん期はどうしたらいい?

この時期に成長に大切なのは・・・

感覚と運動

これらを育てることを考えましょう。

感覚は、「視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚」
いろんな刺激を与えてあげます。

運動は、できるだけ自由に動けるようにしてあげる。
たくさんハイハイしたり、歩いたり、体を使った遊びをしましょう。

こう見ると、「このおもちゃがあれば・・」っていかないのがわかりますよね。
身近なもの、自然のもの、いろいろなものに出会わせてあげて欲しいと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました。
 

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。