FC2ブログ

かほく教室 オリジナルイラストを作りました。

未分類
01 /22 2018
かほく教室のオリジナルイラストを作ってみました。

kahoku.jpeg


幼児期は種まき
小学生は、人間学で幹を育て自分らしく枝を伸ばす


かほく教室はそれのようなレッスンを行い、子どもたちを応援したい
という思いを表しました。


七田式では、「幼児期は種まき」といっています。

幼児期は、まだまだその子の芽がどこにあるのかわからない時期なので、いろいろなことに出会わせてあげましょう、ということです。

だから、課題CD やフラッシュカードには様々なジャンルが取り入れられています。そこをきっかけに、興味を持つものに出会えたら、とおもいます。

また子どもの興味はどんどん変わるし、好きな遊びも変わるものです。そのときの興味に合わせ、とことんやらせてあげて、深めさせてあげられるといいですね。


次に小学生ですが、興味のあるもの、得意とするものを根づかせ、基礎を積み、しっかりとした根を張る時期といえます。

このとき根づかせたいのが、「興味のあるものに対する向き合い方(姿勢)」です。

どんなものでも、地道な基礎トレーニングは大事です。

目立つ試合や成績に気持ちは向きやすいですが、そこで結果を出すためには、地道な基礎トレーニングとその量が大切です。

そのためには、楽しいことばかりではないことにも直面します。

そんなときに、「努力できる力」「へこたれない心(レジリエンス)」「修正力」「自分で考える力」を育んで欲しいと思います。

これらは興味の対象が変わっても通用する力です。

これらが根となり、人間学で心・魂といった幹を太くします。
そこにそれぞれの個性で、つける枝や葉や実が変わってくるでしょう。

でも、それらのどれが良くて、どれが劣っている、なんてことはありません。

親は、子どもらしい木が育つよう、「認めてほめて愛して育てる」子育てで、子どもに養分(エネルギー)を与え、太陽のように見守りたいものです。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました
       

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。