七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ 認めてほめて愛して育てる

認めてほめて愛して育てる

このブログのタイトル「いっしょに はっぴぃ子育て」は、子どももお母さんもみんな、にこにこで気持ちよく過ごしていただきたいとの思いで名付けました。

子どものハッピーって何でしょう。

子どもは一番何を欲していると思いますか?

おもちゃ? おかし? あそぶこと?


どうでしょう。そんなものじゃないですよね。

子どもが一番ほしがっているのは「親の愛」「親との一体感」です。

そして、親から「認められること」、自分の存在、頑張ったこと、できたこと、自分の思い、自分の考え そういうものを認めてもらいたいと思っています。

もし、親の愛が子どもにうまく伝わっていなくて、無視されたり、放任されたりしていると、子どもはどうなるでしょう。

心が正しく成長しないですよね。
そうしたら、人を傷つけたりと反社会的に育ったり、引きもこりや不登校といった非社会的に育ったりします。

最近、テレビや新聞で、子どもの事件がよく報道されていますが、それらのケースを調べてみると、その多くは、やはり、子どもが心をひどく傷つけられているケースでした。

その子たちは、親に愛を感じていなくて、むしろ親を批判し、憎しみや恨みを持っているといいます。彼らは両親から、愛を受けられなくて、心がゆがんで育ってしまったことがわかります。

こんな風に子どもが問題行動を起こすのは、すべて潜在意識の深いところで、親の愛を求めている無意識の行動の表れなんですね。

これが子育てを難しくしています。

これがわかれば、難しい子育てを簡単に、子育てをハッピーに変える、方法がわかりますね。
それは、子どもの欲しているものを満たしてあげること、

つまり「認めて、ほめて、愛して育てる」ことです。

そうすれば、子どもの心は満たされるので、心が落ち着き、ぐずったり、困った行動をしなくなります。また、心をゆがめて育てることはありません。

さらにいえば、お父さんが心の子育てに関わって、子どもの心の動きを把握し、問題解決に手を貸そうとすると、学校の成績がよくなり、協調性に富むようになります

これは子どもがお父さんに「敬」の心を持ち、お父さんに認められたいという切実な思いがあるからです。

ところが反対に、厳しく批判的で、家庭のことをあまり顧みず、子どもの気持ちに疎い父親の場合は、深刻な悪影響が及ぶ可能性があるのです。

だから、お父さんもぜひ、子どもの心を知ろうとして、その心に寄り添い、子どもの心の成長を応援してほしいと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

七田チャイルドアカデミー かほく教室

Author:七田チャイルドアカデミー かほく教室
石川県かほく市にある幼児教室です。
子どもはみんな天才です。
心を育て、子どもの可能性の扉を開いていきましょう♪


● かほく教室のご案内

石川県かほく市
外日角二36-4
tel 076-283-7947

☆ おしらせ ☆
 入室キャンペーン中♪                     
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR