FC2ブログ

効果を上げるお家での取り組み

賢い子に育てる(幼児)
04 /19 2018
子供の脳は、豊かな刺激を与えれば与えられるほど、目覚ましい発達を見せてくれます。

成長期の子供は、人生の中で脳が最も目覚ましく発達する「黄金期」なのです。この時期に子供たちが「楽しい!」と感じながら、お家でも取り組むと、より効果が上げられます。

今回は、是非取り組んでいただきたい取り組みを紹介したいと思います。

取り組みのポイントは結果を求めず、入力をすることです。


7e767b1329bd2a2576cdc8d5ee47d701_s.jpg



1.言葉がけ

語彙の量が思考力につながります。多くの言葉をかけてあげることで語彙力を育てましょう。言葉をかけるときは大人に話すように難しい言葉もそのままで伝えてあげましょう。子供が苦手にしやすい、左右、時計、お金も小さな頃から生活の中で言葉がけすることで、楽に理解できます。

また、教室で見たフラッシュカードを生活の場面でつなげてあげると子どもたちが興味を持ちやすくなります。
併せて、能力開発CDの掛け流しをすれば、自然と語彙量が増えてきます。


2.絵本読み

絵本の読み聞かせは、是非毎日の習慣にしていただきたいです。寝る前に3冊など決めて、読めるといいですね。本好きの子供にする元は、読み聞かせにあります。


3.積み木

立体感覚・空間認識力には、幼児期が大切です。積み木やブロックなどで立体感覚をつけたいですね。見本と同じものを作る、自由に制作するなどいろいろ楽しんでください。

また、違うもの(車、電車)見立ててイメージを育てる。
お母さんが作ったものを一瞬だけ見せて隠し、同じものを作るなどの直観像遊びもできます。


4.暗唱

暗唱は、右脳記憶ができる脳にするのに、一番効果が出やすい取り組みです。
どんなものでも100回聞かせてあげれば、覚えられるといわれています。
寝る前の絵本読みの時に聞かせたり、目につくところに貼って、日頃から聞かせられる工夫を考えてみましょう。

5.プリント

七田式A,B,Cプリント、小学生プリントは基礎学力をしっかり身につけられる良質のプリントです。書くことで右脳と左脳をしっかりつなげられるといわれています。

また学習習慣をしっかりつけることができます。


七田式には、たくさんの取り組みがあります。今回はお家でも取り組みやすい主なものをあげました。
大事なのは継続です。肩ひじ張らずに生活のリズムの中に取り組みを入れてみましょう。


現在CM実施中!
CMに合わせ入室無料キャンペーンを5月中のお申し込みまでに延長します。

詳しくはこちら→入室金無料キャンペーン



この機会にぜひ体験してみてください!


かほく教室ホームページ


********************************


七田式教室では、親子が成長する春を応援しています。

七田式教室について詳しくは、子供の才能を引き出す習い事をご覧ください。


無料




最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました


コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。