吉本笑子先生講演会からの学び(*´∇`*)

ママ子育て
10 /06 2010
吉本笑子先生が言われていたことは、

七田眞先生が言われていたことと、

リンクすることが多かったですね。(((・0・。))) ほぅほぅ


やっぱり、”大切な基本は変わらない”と言うことでしょうか。


吉本先生は”家庭力””母育”が大事と言われていました。

これは七田先生の言われる”母親が変われば子どもは変わる”

”育児は育自”とつながりますよね。(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)ウンウン


つまり子どもを育てながら、母親自身も成長していかなければならないということ。


私たち母親が子どもを叱るとき、それは本当に子どものために叱っているのか

母親の不安から叱っていかないか。∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!


大人の作った優れているという基準は”はやい(早い、速い)””できる””強い”

そこに当てはめようとして、当てはまらないわが子を否定的に見て、

親の不安から叱っていないか。Σ(|||▽||| )


子どもにはそれぞれ良さがある。吉本先生のことばで言えば”強み”

そこから子どもをのばすことができる。


”ゆっくりな子はゆっくりでよい。ゆっくり、かみしめて学習するからよく身につく。”

と吉本先生が言われたみたいに、親が子どものあるがままを受け入れ、

無理をさせない
(親の型にはめない)。(゚0゚*)ホ--ッッ!!!


純粋に子どものため、によいことをしていく。く( ̄Д ̄)ノガンバルゾーーー♪


これって、七田の”子どもの見方6つのポイント”ですよね。

”6つのポイント”は次回、紹介しますね。


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。