躾の三要素

心の子育て
10 /21 2010
講師研究会で籐山社長の話を聞いてきました(・_・D フムフム

現在の子どもの状況

高校生の3人に2人が「自分はダメだ」と思っている

高校生7万人(全体は340万人)が中退

小・中・高と年齢が上がるにつれ、自分のことが好きになれない子どもが増えている


この子どもの状況を見てどう感じますか

予想はついていましたが。。悲しくなりますよね (T-T) ウルウル

子どもを幸福にするための教育なのに。。(TT▽TT)ダァー


これまでは見える教育(成果教育)が重視されてきたけど

これからは、見えない教育(心の教育→人格教育)がやっぱり大事ってことですよね。


そこで、社長は「人格教育・躾」の大切さを話されてました グッ!! ( ̄ε ̄〃)b

「躾」という字は、「身を美しく」って書きまよね。♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ ホントダ!!!

「親が扱いやすい子」にすることではないんですね。 アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


躾の三要素

1.挨拶・・・相手を認める行為

2.返事・・・「はい!」 我がとれる
         夫に対する返事   「敬」の心
         子どもに対する返事 「愛」の心

3.後始末・・・約束を守れる子どもに→思いやりを育てる



これって、うちの教室が力を入れていることですよね(参照 「教室のテーマ ”徳育”」)

自分が大事だと思っていることが、支持されたみたいで嬉しいですね\(*T▽T*)/ワーイ♪。


簡単なことだけど、なかなかできないことばかり。。(-。-;)

大事なことだから、やっぱり親(大人・先生)がまず、見本となるよう実践する!!

その上で、子どももできるようにサポートしていきたいですね。(*^▽^*)ノハーイ


最後まで読んでくださってありがとうございました
ポチッと押していただけたら、ありがたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン  ありがとうございました
                 

コメント

非公開コメント

七田式 かほく教室

石川県にある幼児教室です。

幼児期は種まき

小学生は人間学で
幹を育て
自分らしく枝を伸ばす!

子供の才能を引き出す習い事

七田式教育を行なっています。